本文へスキップ

京都府を中心とした不動産鑑定、不動産調査、各種不動産コンサルティング。明丹不動産鑑定です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0773-43-2807

〒623-0066 京都府綾部市駅前通34番地

福知山市city of fukutiyama

福知山市の概要

面積
 552.57平方キロメートル

人口
 総数79,534人(男:39,033人 女:40,501人)(平成28年3月末推計)

世帯数
 35,689世帯

市章

 全国から応募のあった2千余点の中から選ばれたもので、福知山市の「福」からカタカナの「フ」を9つ組み合わせて形どったものです。

キャラクター
 
ドッコちゃん  酒呑童子

鉄道
 JR山陰本線(石原駅・福知山駅・上川口駅・下夜久野駅・上夜久野駅・)
 JR福知山線(福知山駅)
 京都丹後鉄道宮福線(福知山駅・福知山市民病院口駅・荒河かしの木台駅・牧駅・下天津駅・公庄駅・大江駅・大江高校前駅・二俣駅・大江山口内宮駅)

高速道路
 舞鶴若狭自動車道(福知山IC)

隣接自治体
 京都府舞鶴市、綾部市、宮津市、与謝郡与謝野町(旧加悦町・野田川町)、船井郡京丹波町
 兵庫県丹波市、豊岡市、朝来市、篠山市


 由良川流域の福知山盆地にひらける福知山市は、昭和12年4月に京都府で2番目の市として誕生しました。それ以後、数度の合併を繰り返し、市域を広めてきました。最近では平成18年1月1日に、福知山市・三和町・夜久野町・大江町の1市3町が合併し、新しい「福知山市」のスタートを切りました。
 京都市からは60km、大阪市からは70kmの距離にあり、国道9号をはじめとする多くの国道や舞鶴若狭自動車道、JR山陰本線・福知山線および北近畿タンゴ鉄道宮福線などが通る北近畿の交通の要衝となっています。
 福知山市では地域医療の拠点である福知山市民病院の新病院全面完成(平成19年6月)や、福知山駅の全線高架開業(平成21年2月)による福知山駅周辺整備事業といった都市基盤の充実を図るとともに、恵まれた自然環境を生かしな がら「北近畿をリードする創造性あふれるまち」、北近畿の中核都市としてのまちづくりを進めています。
(福知山市オフィシャルホームページ・福知山市の概要より)

福知山市オフィシャルホームページ


福知山市の地価動向

平成28年地価公示(平成27年)
 平均変動率:住宅地△1.4%(△1.7%)、商業地△1.0%(△1.4%)

平成27年都道府県地価調査(平成26年)
 平均変動率:住宅地△1.1%(△1.4%)、商業地△0.7%(△0.8%)

 住宅地について、経済の低迷、人口の減少や高齢化等により需要の減少が続いており、マイナス基調が続いているものの、下落率は縮小傾向がみられる。
 商業地について、経済の低迷から空き店舗の増加、新規の出店も乏しく、需要は減少、地価下落傾向が長期継続している。


※地価公示は、地価公示法(昭和44年法律第49号)にもとづいて、土地鑑定委員会が、毎年1月1日時点における標準地の正常な価格を3月に公示するものであり、一般の土地の取引価格に対して指標を与え、公共用地の取得価格の算定に資するとともに、不動産鑑定士等が土地についての鑑定評価を行う場合の規準等となることにより、適正な地価の形成に寄与することを目的としています。
 また、公示価格は、これらの役割に加え、公的土地評価の均衡化・適正化の観点から、相続税評価や固定資産税評価の目安として活用されているとともに、土地の再評価に関する法律、国有財産、企業会計の販売用不動産の時価評価の基準としても活用されるなど、地価公示制度の重要性が高まっています。

※都道府県地価調査は、国土利用計画法施行令第9条により、知事が毎年1回、基準地の正常な価格を判定するため実施するもので、昭和50年から実施しているものである。この基準地の標準価格は、国土利用計画法に基づく土地取引の規制等に関する土地価格の審査を適正かつ円滑に行うとともに、一般の土地取引価格の指標とすることを目的としており、地価公示価格と併せて公的土地評価体系の一環をなすものである。
 標準価格の判定は、知事が、各基準地について1人以上の不動産鑑定士の鑑定評価を求め、その結果を審査調整して行うものである。

明丹不動産鑑定明丹不動産鑑定

〒623-0066
京都府綾部市駅前通34番地
TEL 0773-43-2807
FAX 0773-43-2078